不動産ココのホームページをチェックしていると、不動産業界で活躍するためには、資格を取得する必要があると紹介されていました。
ココでは、おすすめの資格などが紹介されていて、特に宅建をおすすめしていました。
わたしは不動産業界に転職する希望がありましたので、頑張って宅建の資格にチャレンジしようと思いました。

宅建は、正式には宅地建物取引士という資格です。
宅地建物取引士の試験は、受験資格の制限がありませんので、誰でも受けることができます。
しかし、宅地建物取引士の試験難易度はかなり高めとなっていて、平均して15パーセントから17パーセントが合格率となっています。
資格試験の中でも難易度が高くなっていますので、不動産業界で働いている方であっても、資格を取得するためには、それ用の勉強が必須です。

宅地建物取引士の試験に合格するためには、通信講座や予備校に通うのが一般的です。
しっかりと自分で勉強できるのであれば、参考書や問題集などを購入して、独学での合格も可能ですが、会社に在籍中に転職活動をするのなら、通信講座や予備校などに通って時間の短縮を狙う必要があります。
もちろんすぐに就職しないのであれば、焦らず独学でもよいとは思います。
更に詳しい情報はこちらから


ページのトップへ戻る