電力の自由化が推進された結果、現在では小口需要者も自由化の恩恵を得ています。
高圧電気の受給契約者であれば、さらにメリットを受けることができる可能性があります。
電気業界への参入が多くなっている新電力に一度目を向けてみませんか。
太陽光発電や風力発電、バイオマスなど、さまざまな自然エネルギーを用いた新電力があります。
太陽光発電や風力発電は安定性に欠けると言われていますが、バイオマスなら安定的に電気を供給することができます。
バイオマスと一口に言っても、おが屑を利用して発電するものから、食品廃棄物を活用して発電を行っているものまでさまざまです。
電力の自由化を活用すると聞くと、コストカットにばかり目が行きがちですが、イメージアップや社会貢献、さらに地球環境を考えた上での選択も良いのではないでしょうか。
もちろん、電気料金があまり上がり過ぎるのはいけませんが、コストが同程度であれば環境に配慮して選ぶのも一つの選択方法です。
オフィスや商業施設などを運営する高圧電気の需要者であれば、地域の人々にアピールすることも大切です。
率先して電力の地産地消を推進することで、地域の人々の見る目も違ってくるのではないでしょうか。




ページのトップへ戻る