太陽光発電が登場したのは、地球温暖化を防ぐことや、石油・ウランといった輸入エネルギーに頼っているリスクを避けるといった目的があってのことです。
現状の国内のエネルギー自給率がどの程度あるか、ご存知でしょうか。
高いと思っている方もいらっしゃるでしょうが、実は国内のエネルギー自給率というのはきわめて低いです。
たったの4%しかないといわれているのです。

太陽光発電システムを取り入れることにより、環境・社会に貢献することができます。
環境にかかる負荷を少なくするほか、エネルギー自給率のアップにつながるのです。
形は何であれ、世の中に貢献したいと思っている方は、太陽光発電システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電システムは、ブルーコンシャス株式会社で取り扱われています。
ブルーコンシャスは大阪に本社を構え、全国の複数ヶ所に支店を展開する、総合エネルギー・マーケティング事業をおこなっている企業です。
太陽光発電システムを導入して終わりではなく、メンテナンスにまで対応しています。



ページのトップへ戻る