私の知っている串山孝一とは、とてもいい人なのです。
ちょっとおっとりした感じの人なので、職場ではみんなから少し馬鹿にしたような態度を取られているように見えます。
それが私には少し口惜しい所なのですが。
でも、話もタイムリーな時事ネタだったり、なるほどと納得できる深い話だったりと、会話もすればするほと弾むのです。
今の若い人のように、面白可笑しく話すのではないので、きっと若い人には物足りなく感じるのでしょう。
けれども、こういう人と話す事で、自分の感性というかそういう目に見えないもの、本などで勉強しても学べない事を学びとって自分を磨いて欲しいと思います。
そして、女性に対しても、とても優しいのです。
それは、気に入られようとかという下心を持った行為ではなく、こうすれば気持ちよく、こうしたらスムーズに、などときっとその人によりよい事を考えてしているさりげない本当の優しさなのです。
こういう人ばかりだと、本当に日本が、地球が優しい人でいっぱいになるのになぁ~・・・と思うそんな人なのです、串山孝一という人は。



ページのトップへ戻る