数ある投資術の中で最もリスクが低く、太陽の光さえあれば確実に利益を生み出すことのできる「太陽光発電」が、不労所得を夢見る人々の間で話題になっています。
その中でも、遊休地などにソーラーパネルを敷き詰めて発電を行う、「メガソーラー」個人版をビジネスとして始める人が増えています。
林田学さんも、今年から、太陽光ビジネスを始めた一人です。
普段はサラリーマンとして働く林田さん。
すでに一戸建ての自宅にはソーラーを設置しており、順当に利益を生み出していることから、将来への投資として、太陽光ビジネスを始めました。
林田さんの場合、土地を購入することからのスタートでしたが、以前、自宅にソーラーを設置する際お世話になった業者から、県内の安い土地を紹介してもらい、50kwのソーラーパネルを設置するのに、合計して1900万円ほどかかりました。
確かに高い買い物ではありましたが、夏場のこの時期には、1ヶ月で18万円も売電することができたそうです。
年間で200万円売電するという試算が出ているそうですから、この分だと10年弱で取り戻すことができ、残りの売電は全て利益になるというから驚きですね。
皆さんも、低リスクで高い利益を生み出す太陽光発電ビジネス、始めてみませんか。



ページのトップへ戻る