購入した当初はどんなに最新鋭の機種であっても、数年経過すればデジカメは次第に性能的に陳腐かし、やがて新しく登場した機種に取って代わられるのは仕方の無いところでしょう。手持ちのデジカメがどんなに高価な一眼レフであっても、年月が経過すればする程にその傾向が強くなる事に変わりは無く、少なくとも現在使っている機種に対し相当の思い入れや未練が無いのであれば、同じシリーズ内で新しい機種が登場すれば、頃合いを見て適宜買い替えてゆくのがベストでしょう。

そうなると手持ちの古いカメラは中古買取なり下取り等してもらった上で、そこで得られたなるべく多くの金額を新機種の購入資金に充てたいところです。新しい機種を購入したい店舗に直接これらを持ち込み下取りしてもらう方法は手っ取り早いですが、店舗によっては下取り価格が思ったよりも安く付いてしまい、意外とお得感が無いというケースも散見されます。

多少時間が掛かったとしても、少しでも高い買取価格にて新機種の購入資金に充てたい場合、下取りよりも一旦中古買取にて最も高額査定を出してもらった中古店に買取ってもらい、資金を手にした上で改めて新機種購入に動いた方が良いでしょう。

その為に利用出来る比較サイトや無料査定サイトが現在では幾つも存在しています。なるべく多くの中古ショップや業者を当たり、少しでも高額の査定を得られる様一度は頑張ってみるべきです。

ページのトップへ戻る