在庫管理の狭義とは在庫物に対して、保管と管理される品質の低下が機能の低下と
これにより最小限の費用で価値の低下を、防止し十分満足できる状態で要求される
搬入と搬出時の量と、時間を保てます。
それに対し在庫管理の広義とは、在庫管理の狭義に加え出庫数量が常に変動して
入庫数量を確保することが、満足するように加わったものであり生産管理との垣根は
製造業で限りなく、低くなりました。
在庫管理ではコスト要因になるためできるだけ、在庫を少なく押さえて目標になるが
しかしサービスレベルが下がり不足する、可能性があるので在庫コストとサービス
レベルを品質よくバランスさせる必要だが、簡単に言うと在庫管理は必要に応じて
調達量及び生産量と、部品在庫量を決めるものです。

ページのトップへ戻る